国産のはちみつはおいしい

インターネットで通販を気軽に利用できる時代となり、はちみつも自分の好きな商品を取り寄せることができるようになりました。普段スーパーマーケットで買うことのできるはちみつは、ほとんどが中国産のもので国産ではありません。味は子供の頃から慣れ親しんだものであり、いつでもおいしく食べることができますが、一度国産のはちみつの味を知ってしまうとどうしても食べたくなってしまうそうです。国産のはちみつは観光地でお土産として口にする機会が多いようですが、同じはちみつでも一口で違いを感じてしまうほどにおいしいです。はちみつの味の種類は花の数だけあると言われており、蜂が集める花によって全く異なります。中国産と日本の違いだけでなく、同じ国産の中でも地域や花の種類によって味が変わります。その繊細な味の違いもはちみつの醍醐味と言われており、それを楽しむためにインターネットで取り寄せているひとも多いようです。天然の栄養成分がたくさん詰まったはちみつは健康にも良く、定期的に摂取すると疲労回復やエネルギー補給にもなります。はちみつは甘くておいしいので、子供もすぐに好きになって食べられます。老若男女問わず好かれる商品です。

タラバガニなどの旬の味を楽しむ

旬の味なのか?と思いますが、カニの場合はとれたてを食べるのが旬なのかもしれませんね。カニは冬が旬と思われているかもしれませんが、実は冬でけじゃなくて夏でも旬のものはあります。ただ、年末需要でカニは相当食べられるので冬が旬と思われている方も多いかもしれません。この前、北海道へ行ってきたのですが、北海道の漁師さんに話を聞いて居ると毛ガニは1年中とれるので旬なんてのは無いと言っていました。現にその日にとれた毛ガニを食べさせてくれたのですが、本当に美味しい。夏に毛ガニを食べるのは良い事だと思いました。夏の間は気温が高いので鍋はあわないと思いますが、しゃぶしゃぶぐらいだったら良いですよね。特にズワイやタラバガニのしゃぶしゃぶは最高で、口の中に広がる甘みは最高に美味しいです。いつも食べているのは全く違って北海道の本場で食べるものは格別です。以前、冷凍のものを通販した事がありますが、漁師さんいわく冷凍しちゃうとダメみたいです。蟹の身の繊維に氷が入ってしまうとその解凍過程で身がおかしくなっちゃうみたいで、その話を聞いて食べてみると本当に味の違いがわかりました。いつもは何の気なしに食べていますが、ここまで違うものなんですね。

大陸を流れ伝わった生姜湯を健康維持に取り入れて

私は韓国ドラマを最近見るのですが、ドラマでは足湯、わかめスープ、はちみつ水など健康に良さそうなものが必ずと言っていいくらいでてきます。それから、お灸をする時にも生姜をスライスしその上に藻草を乗せたり、風邪をひいたときには生姜湯を飲ませたりしていました。
長年、東洋医学に通っているので、鍼灸師さんと韓国ドラマの話をしたりすることもあり、実在の人物であるとわかると余計に関心を持って見てしまいます。韓国の方の健康に対する意識は高いと思います。そして私も体調に合わせた漢方をもらって帰ります。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や葛根湯には生姜も含まれているので、飲むたびに孔子の「良薬は口に苦し」という言葉が浮かんでくるものです。
子どもの頃はお腹をこわしたり、病み上がりのときには、片栗粉に生姜湯を入れて祖母がよく飲ませてくれました。今でも、紅茶や甘酒に生姜をいれて飲んでいます。冷え症な私にはとてもいいようです。
生活習慣に取り入れた薬膳や民間療法は、自分の体質を知ることや体調管理にとてもいいことではないでしょうか。医学の原点でもあります。
ストレス社会の現代、生姜湯を飲んで、身体を温めながらゆとりある生活をおくりたいものです。

みそを手軽に手に入れたい時は通販で

みそを手軽に手に入れたいが近くに色々な種類を取り扱っているお店が無いので困っている時は、通販サイトを積極的に活用しましょう。通販サイトでは普通の物だけではなく白みそといった少し変わった物も取り扱っていますし、商品の発送も早くなっているので直接お店に行って購入するのと同じように手に入れられるのです。また通販によってはみそを使った煎餅や豆腐とワカメといった素材も販売していますから、こちらのサイトを活用することで様々な物を購入出来ます。
後は出来るだけ販売価格が安めな所を利用するようにし、家計の負担を抑えられるよう意識しましょう。販売価格を比較することで簡単に安い通販サイトを特定出来ますから、そこを利用するのが良いです。後はどれだけの種類の商品を取り扱っているのかを調べるようにし、様々なみそを購入出来る所を利用しましょう。どうしても分からない点がある際には通販サイト側に連絡を入れ、質問して解決します。質問することで良い対応をしているのかどうかを調べられますから、余裕がある際には対応を調査してみましょう。通販サイトは手軽にみそを手に入れられる所となっていますので、現在でも利用している方々は多くいます。

べっぴんさんて誰よ

「オレ、べっぴんさんが好きだな」ある日突然、旦那が遠くを見ながらぼそりと言いました。私は何のことかわからず、びっくりして返事をし損ねました。べっぴんなんて言葉を使う年代では無いですし、何かの商品なんだろうなと思っていたら、どうやらいつも行く和菓子屋の季節のお菓子のことのようです。私がいない間にこっそり買いに行って、こっそり一人で食べたみたいです。「べっぴんさん」というのは、和菓子屋の季節の人気商品。そこの商品説明には”新鮮ないちごと白あん”を使った冬季限定のお菓子とありました。売り出し時期は12月下旬~3月下旬。ちょうどいちごが美味しい時期ですね。べっぴんさんというお菓子は、白と赤のコントラストが美しくいちごを白あんでくるっと巻きこんであり、一口で食べられてしまいそうなくらい小さく可愛らしいです。美しい女性の透き通るような肌の感じを表しているようにも思えます。甘すぎず、いちご本来の甘さとほどよいやわらかさの白あんが絶妙な舌触りになっていて、お茶にもぴったり。でもあまりの可愛らしさに、たくさん買っていく人が多く、品切れになっている事も。そんな壁も乗り越えて、旦那はわざわざべっぴんさんをせっせと買いに行っていたのでした。
おすすめサイトはこちら:和菓子の人気商品

油そば作ってみた ※役に立つことは書いてません

初めて「油そば」という単語を目にしたのはいつだったか?漫画なのかテレビで見たのかすらも定かではない。ただこう思ったのは憶えている。「 う ま そ う だ 」とは言え、油そばなどと言う当時は珍しい麺料理。ド田舎では店でメニューに並ぶことも無く、またわざわざ遠くに足を運ばせる程の牽引力も感じなかった。料理と呼ぶにはあまりにシンプル、あまりに素朴だったから。やがて、油そばという単語は記憶から薄れていく。数年後。スーパーの生麺コーナーで、再びその名を目にした。油そば。迷わず買った。パッケージ通りに作った。食べた。……何か、違う。弱いんだよ。私がかつて頭の中に勝手に思い描いた油そばと言うのは、もっとこう、コ○ン・ザ・グレートみたいな野蛮人にブン殴られるようなそんな暴力的な旨さだったはずだ!自作のための試行錯誤が始まった。しかし私は料理の基本すら知らない。トライアルアンドエラー。うんまずい。塩辛い。薄い。塩気は丁度よくても何故か微妙。何故か醤油やきそばが出来る。副産物で冷やし中華や汁なし坦坦麺、ペペロンチーノ等が出来て行ったにも関わらず、油そば完成は遠い。そのうち我が家にもネット環境がやって来た。エロ画像検索など定番のステップを踏む日々の後ふと気付く。「レシピ検索すればよくね?」出てくる出てくるレシピの山。と言うか、ラードを使う事をここで初めて知ったよ。あほか。うん、旨いよ。○ャートルズに頭突き喰らうような旨さだったよ。今までのボク、何だったの?……無駄な時間、って訳でもないよ。うん。調味料の目分量や火加減のカンなんか、油そばトライアルのおかげで随分と身についたじゃないか。そんな油そばと私の、エピソードとすら呼べない小さな話。

洋菓子と和菓子の違い

洋菓子と和菓子とでは何が一番違うと思いますか?使っている材料とかではなくて、私は味の深さだと思っています。どちらも勿論甘いという共通点はありますが、洋菓子の方の甘さは、最高到達点に達するのも早いのですが、すぐに落ちてしまうというイメージがあります。表現的に的を得ているのかはわかりませんが、さっぱりとしていると感じます。それとは対照的に和菓子は徐々に甘さが来る感じです。それも味を引きずるというか長い時間甘さが口の中に滞留するイメージです。どちらが好きかは人によってバラバラだと思いますが、私は味の深さがある和菓子の方が好きですね。勝手な独り言みたいなものですが、味の深さと歴史というものが密接に関係している様に私は思っているので、食べる度に日本の歴史をかんがえちゃったりします。栗との相性が和菓子はいいので、和菓子を食べる時は必ず栗が入っている様なものを購入する様にしています。入っていない場合は、栗を別で購入してきてから、和菓子と一緒にたべちゃいます。洋菓子ではマロンと呼ばれている栗ですが、マロン系の洋菓子も多いですよね。味の深さは異なっていても、栗は共通で甘いものにあう食材なのかもしれませんね。

私が牡蠣が大好きな理由について

私は昔から牡蠣が大好きでよく食べています。最近牡蠣は健康食品としても色々なミネラルが豊富だという事を聞きましてますます牡蠣が大好きになりました。これからの季節には牡蠣は旬で私の場合は牡蠣フライや牡蠣鍋など様々な牡蠣のお料理が大好きです。やはり牡蠣は健康にも良くて美味しい食材だと思いますので人気があるのがよく分かります。最近私は健康に良い食材やバランスが取れた食事をする事を心がけていますのでそういった面においても牡蠣はとても魅力がある食材だと思います。やはり健康に良くて美味しい食材は私にとっては重要視していますので最近では特に話題になっている牡蠣には魅力を感じます。もちろんお料理で出される牡蠣も大好きですが最近は牡蠣のサプリメントが有名なのでどのような効果があるのか試してみたいとも思っています。特に牡蠣鍋はこれからの季節にはとてもぴったりだと思いますし牡蠣鍋に他のお野菜などを入れてポン酢などで食べるととても美味しいのでこれから食べてみたいと思っています。家の家庭では牡蠣鍋には白菜やしめじやその他にも色々なお野菜を入れてポン酢で食べる事が多いのですがとても体が温まりますのでやはり牡蠣鍋は特に寒い季節にはピッタリの食品だと思っています。牡蠣の食感が大好きなので今年は生牡蠣にも挑戦してみたいと思っています。広島の新鮮な生牡蠣を食べてみたいですね。

食品通販のメリットまとめ

今や食品通販は誰でも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。しかし通販であまり食品を買わないのではないでしょうか。皆様が買いやすい様に食品通販のメリットをまとめました。食品通販はネットスーパーとも呼ばれ、本当に便利なサービスなんですよ。まず一つ目のメリットは小さいお子様を育てているお母さん方にオススメです。小さいお子様を買い物に連れて行くのは思っていたよりも大変で神経を擦り減らして買い物に行き、帰って来た時にはため息がでるほど疲れている。そんな経験ありませんか。私も実際小さい子供を育てている中で買い物が一番気が滅入る行動なのです。そんな時役にたったのがネットスーパーです。インターネットで頼むだけで届けてくれるし、何より配達が早いので大助かりなんです。また高齢者の方が重い荷物を持つのはとても大変なことだと思います。そんな時にもネットスーパーが大活躍です。家に届けてくれるのでスーパーの帰り道重い荷物を運ぶこともありませんし、配達時間まで自由な時間まで出来て一石二鳥ですよね。もう一つのメリットはガソリン代が浮くことです。今は昔に比べてかなりガソリンがあがり、家計の負担になりますよね。しかしネットスーパーで頼めば、ガソリン台が浮き、かなりの節約になると思います。ぜひ、この期にネットスーパーを利用してみてはいかがでしたでしょうか。

食品通販を利用するメリット

仕事や子育てで買い物に行く時間がない方や、安全な食材を取り寄せたい、高齢でなかなか買い物に出向けないなどの方を助ける、食品通販の企業がたくさん増えています。企業によって、取り扱い商品、料金やサービス、システムなどさまざまな特徴を出してきています。通販を利用するメリットとして、自宅に注文した商品を届けてくれるという点が挙げられますが、例えばお米や水、ジュースなど重くて運びにくいものも玄関先まで運んでもらえるという便利さがあります。また、安心で安全な有機野菜、無農薬野菜を取り扱うサービスの企業なら、こだわりのある方にもおすすめです。近所のスーパーでなかなか手に入らない食材を購入することができます。子どもたちにおいしい食材を食べさせたい、というお母さん方にも人気です。家族構成やライフスタイルに合わせて、週に1回など定期的に食材を宅配してくれるサービスをしているところもあります。他にも、夕食の献立に困っている主婦の方に、下ごしらえをしてある食材を購入できるサービスもあります。新婚の奥様や料理の苦手な方におすすめです。このように、利用する側の希望を叶えてくれるサービスを提供してくれる企業がたくさん参入していますので、食品通販のメリットを生かし自分に合ったサービスを探してみるのはいかがでしょうか。

このページの先頭へ